豊前幕末傑人列伝

幕末期、豊前薬師寺村に開かれ、約3000人が学んだとされる漢学私塾「蔵春園」。恒遠醒窓を師と仰ぎ、文教に尽くした高弟たちをはじめ、偉業を成し遂げた10人の傑人たちを紹介する。


著者略歴
三浦 尚司
ミウラ・ナオジ
昭和19(1944)年、福岡県豊前市に生まれる。昭和43(1968)年、中央大学法学部法律学科卒業。北九州市警察部長を経て、平成16(2004)年福岡県警察(地方警務官)を退官。現在、九州国際大学特任教授、公益社団法人日本詩吟学院認可筑紫岳風会会長、全日本漢詩連盟理事、福岡県漢詩連盟会長、朝日カルチャーセンター福岡の講師を務める。校註著書に『遠帆楼詩鈔』(草文書林)、『白石廉作漢詩稿集』(恒遠醒窓顕彰会)、『和語陰隲録』『こどもたちへ 積善と陰徳のすすめ』(共に梓書院)、著書に『消えた妻女』(梓書院)がある。
目次

維新の陰の功労者 白石廉作
手永大庄屋 曽木墨荘
豊前の傑商万屋 乗桂・小今井潤治
天稟の傑僧 末弘雲華上人
矢方池築造に命を賭けた 高橋庄蔵
勤皇の海防僧 釈月性上人
藩医として生きた漢詩人 西秋谷村
真宗豊前学派を大成した高僧 東陽円月
漢学私塾「蔵春園」を継承した 恒遠精齋
漢学私塾「蔵春園」創始者 恒遠醒窓
廃藩置県の悲運に泣いた 千束藩旭城哀史
参考文献
あとがき
(一部抜粋)


豊前幕末傑人列伝

四六判 並製/232頁
定価 1620円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-840-1
C0021
2012年2月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします