穴があったら入りたい

コラム&エッセー
傲岸不遜、厚顔無恥な振る舞い、頭脳朦朧、無知蒙昧もなんのその、戦争、時事問題からスポーツ、ギャンブルまで縦横無尽に書き尽くす。
読売新聞からスポーツ報知と、40年に及ぶ記者魂がギュッと詰まったコラム83本を収録。

 読売新聞からスポーツ報知と、新聞記者、新聞社生活は40年に及んだ。終わってみると、何ほどでもなかったと思わないではない。それでも、首にもならず、先輩、同僚、後輩から「ヘタだ」「分からない」と言われながら、原稿だけは書き続けてきた。その面ではラッキーであり、幸せだった。
 時間はたくさんあるので、新聞記者時代のコラムと、紙面ではなかなか書けなかったことをコラムに絡めたエッセーとしてまとめた。
 40年の間には、傲岸不遜な振る舞いで、あるいは厚顔無恥で、さらに無知蒙昧で取材先や周りを怒らせ、傷つけたことは少なくはなかった。自分では気付かなかったこともあるはずだ。振り返ってみて「穴があったら入りたい」と赤面することが多い。
 この本を手に取っていただいた人が、一つだけでも面白いところがあったと思っていただければ、大変うれしい。
(本書「はじめに」より)
著者略歴
岸本 隆三
キシモト・リュウゾウ
1951年、大分県姫島村生まれ。熊本大学法文学部卒業。1974年、読売新聞西部本社入社。佐世保、宮崎支局長、社会部長、編集局総務などを経て、スポーツ報知西部本社社長。2014年退社。

穴があったら入りたい

A5判 並製/216頁
定価 1836円(本体1,700円)
ISBN 978-4-87415-940-8
C0095
2015年4月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします