旅に出て考える

虹と蛇と鉄の神隠し
興味の向かうままに旅した思索と探求の記録。
倭人とは、スサノオとは何なのか。自分なりの答えを求め、日本中をまたにかける。旅先に残る蛇信仰の痕跡に気づき、その奥深さに魅せられて日本を飛び出し、世界へ。思うまま、感じるままに世界を歩いた旅行記。
著者略歴
夢野 良平
ユメノ・リョウヘイ
本名長安達也。1957年7月23日、山口県下関市にて生まれる。下関西高等学校、島根大学農学部卒業。28歳のときに宗像市にて夢野農場を開き、ログハウスなどもつくる。前著『ちょっと旅に出て』(海鳥社)では16紙以上の新聞に取り上げられる。「石窯プロジェクト」として、子供たちに自然体験企画を20年続け、古代史座談会も定期的に開催している。

旅に出て考える

B5判 並製/168頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-86656-036-6
C0095
2018年9月発行

キーワード: ,
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。