雪の小鈴

土屋文明の歌と植物

「時は長しほろぶるものの安けさを夕日にすきて光るすかんぼ」。土屋文明といえば誰しもまずその植物詠を思うであろう。角川文庫版歌集から植物名の明らかに出ている歌を拾いあげて分類した、文明短歌への恰好の手引き。

著者略歴
入江 真知子
イリエ・マチコ

雪の小鈴

四六判 並製/226頁
定価 3240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-906234-97-4
C0092
1991年8月発行

キーワード:
カテゴリー: 詩・短歌・俳句
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします