今まさになすべきこと

はかた南無の会 辻説法20年

百歳にして語りつづける南無のこころ。仏の智慧を活かし、人生百歳時代を生きぬくための「こころのあり方」指南。赤ちゃんも、ちょっと見ない間に、ぐんぐんと大きくなる。それを忘れてしまって、若い人が亡くなることだけが無常だと言うけれども、成長していくということも無常です。私はキザだけれども、「現在進行形」世界観と言っています。英語の動詞に現在進行形というのがあるでしょう。それと同じように、物事を進行形でingをつけてみることです。遅い早いはあるけれども、物事はすべてingの姿で動いているのです。だから瞬きをする間になくなっているところのものをよく観察をしていくがよい、と釈尊は言われているのです。「今」、「ここ」、「自分」の三位一体をよく観察していきなさい、自分というものをよく見つめていきなさいということです。(本書より)

著者略歴
松原 泰道
マツバラ・タイドウ

今まさになすべきこと

四六判 並製/248頁
定価 1620円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-611-7
C0095
2006年11月発行

キーワード:
カテゴリー: 宗教
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします