ジャンル:宗教一覧
  • 明解 法華経要義
    明解 法華経要義
    土屋 信裕 [現代語訳/編集]   本多 日生 [講述]
    本書は、昭和4年に出版された大僧正本多日生上人の『法華経要義』を現代語に約し、総ルビを付したものである。  人類の宗教文化史上、「法華経」ほど、時空を超えて読み継がれた教典は稀である。そして時と処において根付き、いかなる人々にも心を癒し、救済を果たしてきた聖書である。(中略)  編者は法華修行の…
    • 四六判 上製/416頁
    • 定価 3024円(本体2800円)
    • ISBN 978-4-87415-880-7 C0015
    • 2013年4月発行
  • 正像末和讃会座
    正像末和讃会座
    竹原 智明 [著]
    親鸞が最晩年、畢生の努力を傾けて書きおいた『正像末和讃』。本書に込められた親鸞の歩みの深さと邂逅の尊さを、微細に照らし出した希有な解説書。
    • A5判 上製/458頁
    • 定価 4320円(本体4000円)
    • ISBN 978-4-87415-864-7 C0015
    • 2012年10月発行
  • 親死ね子しね孫しね
    親死ね子しね孫しね
    菅 正明 [著]
    浄土思想の発生から法然の思想と人となりを読み解く。「親死ね 子しね 孫しね」という法話の言葉を導きの糸とし、「死」を見つめ、暮らしの中で仏教を考える
    • 四六判 並製/228頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-796-1 C0015
    • 2010年12月発行
  • 神道
    神道
    渡辺 勝義 [著]
    神道の本質を問う。神霊に直接するための鎮魂法、真意を問うための帰神(神懸り)術、神霊の正邪を判ずる審神者、氏神や産土神の問題を究明し、神道理解の途を拓く。厳しい行法実践の中で辿りついた、神道研究の到達点。名著『古神道の秘技』と表裏をなす、神道・宗教研究の新たな指針
    • A5判 上製/371頁
    • 定価 10800円(本体10000円)
    • ISBN 978-4-87415-753-4 C0014
    • 2009年11月発行
  • 無碍の一道
    無碍の一道
    高橋 弘依 [著]
    自分と向き合って生きる。出世居の夢がやぶれ、自暴自棄のなか『歎異抄』にふれ自分を取り戻した清治。若い板前・章介と出会って、改めて生きることの意味を問う。
    • 四六判 上製/190頁
    • 定価 1404円(本体1300円)
    • ISBN 978-4-87415-723-7 C0093
    • 2009年4月発行
  • 今まさになすべきこと
    今まさになすべきこと
    松原 泰道 [著]
    百歳にして語りつづける南無のこころ。仏の智慧を活かし、人生百歳時代を生きぬくための「こころのあり方」指南。赤ちゃんも、ちょっと見ない間に、ぐんぐんと大きくなる。それを忘れてしまって、若い人が亡くなることだけが無常だと言うけれども、成長していくということも無常です。私はキザだけれども、「現在進行形」世…
    • 四六判 並製/248頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-611-7 C0095
    • 2006年11月発行
  • 暮らしのなかの仏教
    暮らしのなかの仏教
    高橋 弘依 [著]
    煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもてそらごと、たはごとまことあることなし。仏の心に重きをおき、仏願が我々の願いとなって、自己の生活のなかに生きる。自らが生きていた道を振り返りながら、人生においてなにが大切なのかを綴る。
    • 四六判 上製/244頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-475-5 C0095
    • 2004年3月発行
  • 老師は語る
    老師は語る
    藤岡 彰 [著]
    95歳、熱く語る人生と信仰。浄土真宗の寺院に生まれ、真宗の改革、同朋運動などに取組みながら、生きることの意味を問い、教誨師として、死刑囚との出会いのなかで、信仰とは、念佛とは何かを、自らに問い続ける。
    • 四六判 上製/182頁
    • 定価 1404円(本体1300円)
    • ISBN 978-4-87415-447-2 C0095
    • 2003年6月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします