餓島巡礼

ガダルカナルで戦死した夫や父、兄を追って

NHK「ETV特集」で放送された感動ドキュメンタリー。戦死者たちをどう、弔ってきたのか。餓島=ガダルカナル島。第二次世界大戦で日本は三万数千人を動員、二万千人が戦死、多くは飢えとマラリアで亡くなる。この密林に放置された家族の遺骨を、せめて故郷にと願う遺族。戦後60年、最後の慰霊巡拝を追う。

著者略歴
渡辺 考
ワタナベ・コウ

餓島巡礼

四六判 上製/266頁
定価 1836円(本体1,700円)
ISBN 978-4-87415-537-0
C0095
2005年8月発行

キーワード:
カテゴリー: 社会
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします