修猷館の英語教育 明治編

廃藩置県の後、藩学修猷館は、旧藩主黒田長溥や彼の意を受けた金子堅太郎、隈本有尚などにより、英語専修修猷館として再建される。当時の教師や教科書、教授法などを探り、明治期の英語教育の実態を解明する。夏目漱石が絶賛した修猷館の英語教育とは

著者略歴
安倍 規子
アベ・ノリコ
広島大学大学院教育学研究科修了、博士(教育学)福岡県立高等学校英語教員を経て現在有明工業高等専門学校教授
目次

まえがき
序章 明治期修猷館生徒の英語力
第1章 明治期修猷館の教育理念と学科課程
第2章 明治期の英語教授法
第3章 明治期修猷館の英語教師
第4章 明治期修修猷館の英語教材
資・史料及び参考文献
あとがき
(一部抜粋)


修猷館の英語教育 明治編

A5判 並製/224頁
定価 1836円(本体1,700円)
ISBN 978-4-87415-841-8
C0021
2012年2月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします