天草興亡記

歴史探訪
五人の国人衆たちは、ときに権力者と結び、ときに反抗しながら命をつないできた。時代の波に翻弄されながらも、一族の存亡を賭けて戦った国人領主たちを中心に、古代から関ヶ原合戦後まで、天草約900年の歴史を総覧する。
著者略歴
示車 右甫
ジシャ・ユウホ
1931(昭和6)年,福岡県に生まれる 1950(昭和25)年,福岡市立博多工業高校卒業 2004(平成16)年,東福岡信用組合退職 【著書】 『断食者崩壊』(1967年,福岡市民芸術祭賞・小説部門の一席) 『天草回廊記』(上・下,文芸社,2006・08年) 『対馬往還記』(海鳥社,2009年) 『天草回廊記 志岐麟泉』(海鳥社,2010年) 『天草回廊記 隠れキリシタン』(海鳥社,2012年) 『廃仏毀釈異聞』(海鳥社,2014年) 『天草興亡記』(海鳥社,2015年) 『瀬戸焼磁祖 加藤民吉、天草を往く』(花乱社,2015年) 『天主堂二人の工匠 小山秀之進と鉄川与助』(海鳥社,2016年) 『破壊僧親鸞 中活字本』(櫂歌書房,2019年) 『日朝交隣外交史ノート』(花乱社,2019年)
目次

天草への誘い
 木簡に記された天草/頼山陽がみた天草
天草五人衆
 志岐氏/天草氏/大矢野氏
菊池氏の盛衰
 菊池氏の隆盛/相良氏の台頭/菊池氏の凋落
天草・上島の戦い
 相良氏の天草介入/上津浦・栖本合戦
宣教師
 ザビエルの道/天草への布教
島津氏の興隆
 島津氏/耳川の戦い/沖田畷の戦い/九州征討
肥後騒乱
 国人衆一揆/天草合戦
文禄・慶長の役
 秀吉の朝鮮出兵/麟泉の死
天草五人衆の後裔
 関ヶ原役後の天草/志岐氏の系譜/天草氏の系譜/栖本氏の系譜/上津浦氏の系譜/大矢野氏の系譜

あとがき


天草興亡記

四六判 並製/240頁
定価 1650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-935-4
C0021
2015年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。