南九州の中世社会

鎌倉幕府の基礎構造をなした御家人制度の動揺は、幕府の崩壊へとつながり、つづく封建制確立の足掛かりとなっていく。遠く幕府から離れ古代的性格を多分に有した南九州の支配構造の変遷を、大隅国禰寝氏を中心に追究する。

著者略歴
小園 公雄
コゾノ・キミオ

南九州の中世社会

A5判 上製/258頁
定価 3240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-87415-202-7
C0021
1998年1月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします