南方録と立花実山

利休没後100年、立花実山が見出した「南方録」は茶道の聖典だが伝書の由来は謎である。一方、黒田藩の重臣でありながら配所で殺された実山の死もまた謎である。二つの謎を解き明かし、その後の南坊流の茶道の流れを追う。

著者略歴
松岡 博和
マツオカ・ヒロカズ

南方録と立花実山

四六判 並製/272頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-87415-209-6
C0095
1998年2月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします