小倉藩家老 島村志津摩

慶応二年、第二次長州戦争は、幕藩体制終幕の序曲となった。譜代藩として時勢に背を向け、孤軍となって城まで自焼し長州軍と戦った小倉藩。その陣頭に立ち、藩への忠誠と武人としての面目を貫いた島村志津摩の激動の生涯。

著者略歴
白石 壽
シライシ・ヒサシ

小倉藩家老 島村志津摩

四六判 上製/270頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-87415-353-6
C0023
2001年2月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします