「蒙古襲来絵詞」を読む

「絵詞」の成立はいつか、描いた絵師は誰か、後世の改竄はあったのか。そして、竹崎季長は何を意図したのか。「蒙古襲来絵詞」をめぐる謎を解き明かす。【絵・詞〈原文・現代語訳文をすべて掲載】「蒙古襲来絵詞」や竹崎季長に関する直接的な史料は、本書で取り上げただけのわずかなものでしかないが、これだけでも現代誤訳するのは至難の業であった。これまで全訳したものがなかったゆえんであろう。浅学の筆者の手に負える作業ではないと思いつつも、敢えて全訳に挑戦してみた。何よりもまずは全文をお目通しいただいたうえで本論及び諸書をお読みいただくと、「蒙古襲来絵詞」や竹崎季長について、あるいは蒙古襲来に関する歴史的事象について様々な問題にお気付きいただけると思う。(本書「まえがき」より)

著者略歴
大倉 隆二
オオクラ・リュウジ

「蒙古襲来絵詞」を読む

A5判 並製/168頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-87415-608-7
C0021
2006年11月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします