ジャンル:社会一覧
  • 教会建築家・鉄川与助の生涯
    教会建築家・鉄川与助の生涯
    鉄川 ひろ子 [著]
    明治から昭和初期にかけて、教会をはじめ82棟を建築した鉄川与助。 情報や資材、資金も限られた中、彼はいかにして教会を建てたのか。 その仕事と人物像を、晩年を共に過ごした孫が綴る。 [全文の英訳も収録]
    • A5判 並製/208頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-86656-126-4 C0052
    • 2022年8月発行
  • 善光和尚のお大師様入門
    善光和尚のお大師様入門
    藤本 善光 [著]
    密教の伝導者で、書の達人。満濃池の工事を行った社会活動家で、四国遍路では「お大師様」と親しまれる空海。その教えを混迷の時代を生きる私たちの人生にどう生かせばいいのか。総本山金剛峯寺高野山真言宗社会人権局長の著者が、シンプルで優しい筆致で綴る。
    • A5判 並製/98頁
    • 定価 1320円(本体1200円)
    • ISBN 978-4-86656-125-7 C0095
    • 2022年7月発行
  • 新編 九州の戦争遺跡
    新編 九州の戦争遺跡
    江浜 明徳 [著]
    『九州の戦争遺跡』初版(2012年)、新装改訂版(2018年)を経て、決定版として「新編」を刊行。自治体や民間で管理されている防空壕や掩体壕から、山奥で人知れず佇む砲台跡まで、現在も見学できる戦争遺跡を地図とともに解説。計84カ所を一挙掲載。
    • A5判 並製/274頁
    • 定価 2420円(本体2200円)
    • ISBN 978-4-86656-124-0 C0036
    • 2022年6月発行
  • いつか死ぬから旅に出た
    いつか死ぬから旅に出た
    周藤 卓也 [著]
    ある出来事をきっかけに、死の本質を理解した15歳の夏。 いかに生きるのか。 私が選んだのは、自転車世界一周の旅だった。 マラリアと腸チフスで死にかけ、寝床のテントが突風で吹き飛ばされ、ナタを持った強盗に襲われる。 ……不格好な旅だった。 でも、何物にも代えがたい出会いがあった。 足かけ1…
    • A5判 並製/168頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-86656-120-2 C0026
    • 2022年6月発行
  • ぼくのかぞく
    ぼくのかぞく
    菅原 亜紀 [作]   保坂 真紀 [絵]
    「ぼくをうんでくれたママと いまいっしょにいるママ  どっちもほんとうのママなんだって  どっちもぼくのことはたからものだって」  ……みなさんに知ってもらいたい、ひとつの家族のかたち (あらすじ) 「ぼく」は、生まれてすぐに里親のママと暮らすことに。 生みのママにも時々会いながら、…
    • A4変型判 上製/32頁
    • 定価 1320円(本体1200円)
    • ISBN 978-4-86656-123-3 C8795
    • 2022年5月発行
  • 症例に学ぶ
    症例に学ぶ
    馬場 秀夫 [監修]   吉田 直矢 [ほか編集]
    これまで熊本大学大学院消化器外科学教室で経験した多くの症例の中から55症例を厳選し臓器別にまとめた記録。この中には、これまで報告がない極めて稀な病体、高度進行がん、究明が困難な重度炎症、重度合併症等の症例が含まれている。ガイドラインの範疇を越えエビデンスが少ない病状に対し、外科医が煩悶し、カンファレ…
    • A4判 並製/216頁
    • 定価 4400円(本体4000円)
    • ISBN 978-4-86656-118-9 C3047
    • 2022年4月発行
  • 小城藩主鍋島直能
    小城藩主鍋島直能
    中尾 友香梨 [著]
    類まれなプロデュース力で、桜岡庭園(小城公園の前身)を全国に知られる名園に育てあげた鍋島直能。当時の学術・文化をリードした林門や親王・公家衆、明末の儒学者たちとの交流を時代の文脈の中で読みなおし、文雅の力で自らの家格を権威づけようとした直能の姿を明らかにする
    • A5判 並製/100頁
    • 定価 1100円(本体1000円)
    • ISBN 978-4-86656-121-9 C0021
    • 2022年3月発行
  • 遠藤周作の影と母 
    遠藤周作の影と母 
    新木 安利 [著]
    日本人とキリスト教 復活と転生、同伴者、厳父と慈母、 そして弱者の罪の救いと、悪……。 『深い河』の磯辺とその妻、大津、美津子、沼田、木口、塚田、それぞれを支柱とし、 『沈黙』をはじめとした数多の遠藤作品を繙きながら独自の視点で遠藤のカトリシズムを追及する。 遠藤文学における弱者と絶対…
    • 四六判 並製/504頁
    • 定価 3080円(本体2800円)
    • ISBN 978-4-86656-117-2 C0095
    • 2022年4月発行
  • しぐさ・表情 蒙古襲来絵詞復原
    服部 英雄 [著]
    竹崎季長と絵師の意図、そして「蒙古襲来」の実態とは。正応6年(1293)頃、肥後国の竹崎季長によって制作された「蒙古襲来絵詞」。その失われた場面を「絵詞」の最も古い情報を持つと思われる永青文庫所蔵の模本・白描本から復原。絵そのものをつぶさに検証することで、「絵詞」と「蒙古襲来」に関する後世の誤った認…
    • A5判 上製/440頁
    • 定価 3850円(本体3500円)
    • ISBN 978-4-86656-114-1 C0021
    • 2022年3月発行
  • マロウブルー 香りのある暮らし
    マロウブルー 香りのある暮らし
    財津 園美 [著]
    天然の恵み・アロマ、香りの芸術・香水。香りの力は、とてもパワフルです。それぞれの香りの素材から文化、歴史、そして固有の物語をまでを紹介。さまざまなシーン別に最適な香りと楽しみ方、その力を引き出す方法も提案。深遠なる香りの世界へといざなう1冊。
    • 四六変型判 並製/144頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-86656-119-6 C2077
    • 2022年4月発行