キーワード:, , 一覧
  • 天主堂二人の工匠
    天主堂二人の工匠
    示車 右甫 [著]
    天主堂を手がけた二人の建築家の生涯に迫る 大浦天主堂やグラバー邸を建設し、高島炭坑や端島の開発にも関わった小山秀之進。青砂ヶ浦教会をはじめ、浦上天主堂など、多くの天主堂を手がけた鉄川与助。日本の文化遺産に大きな足跡を残した二人の生涯を描く歴史小説。
    • 四六判 上製/280頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-990-3 C0093
    • 2016年12月発行
  • 情炎の女 薬子
    情炎の女 薬子
    伊野 祥二郎 [著]
    果たして彼女は政変の首謀者で希代の悪女なのか? 810年に起こった宮廷内の事件「薬子の変」。平城天皇の寵愛を受け、日本史上の事件に名を残す絶世の美女藤原薬子は、果たして悪女なのか? 希有な運命に翻弄されながらも、一人の女性として愛に行きた薬子を描いた歴史小説。
    • 四六判 上製/250頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-980-4 C0093
    • 2016年7月発行
  • 廃仏毀釈異聞
    廃仏毀釈異聞
    示車 右甫 [著]
    キリシタン禁圧の持続、隠れキリシタンの顕現。国家神道への道と「神仏判然令」。矛盾と錯綜に満ちた明治政府の宗教政策に翻弄される人々を描く。
    • A5判 上製/360頁
    • 定価 2376円(本体2200円)
    • ISBN 978-4-87415-903-3 C0093
    • 2014年4月発行
  • 隠れキリシタン
    隠れキリシタン
    示車 右甫 [著]
    天草の乱以後のキリスト教徒たちの姿を探る。天草の乱の約100年後の文化年間、大江村2132人。崎津村1710人。今富村1047人、高浜村316人の隠れ切支丹が発覚。幕府、島原藩はこの取り締まりに苦慮。四カ村5千人あまりの信者を「隠れキリシタン」として処罰することをためらい、「心得違い」として扱うのだ…
    • 四六判 上製/442頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-87415-849-4 C0093
    • 2012年5月発行
  • 明智光秀転生
    明智光秀転生
    伊牟田 比呂多 [著]
    信長に叛いた戦国随一の知将・明智光秀の波乱に満ちた生涯に迫る!明智光秀・天海僧正同一人物説に基づき、「三日天下」後の足跡にを追う。光秀はなぜ信長を裏切ったのか?本能寺の変の真相と、敗将から江戸幕府の黒幕・天海大僧正となり、争乱のない天下の実現をめざして勢威をふるった人物の生涯を辿る。
    • 四六判 並製/272頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-821-0 C0093
    • 2011年6月発行
  • 志岐麟泉
    志岐麟泉
    示車 右甫 [著]
    戦国時代・熊本。天草では天草五人衆が対立と和解を繰り返していた。その一人志岐麟泉は修道士を招聘しキリスト教を布教する。やがて秀吉の九州征伐で勢力図が一変する。麟泉は秀吉に安堵されるが、小西行長と対立し、志岐氏は滅亡するー。天草・島原の乱の70年前。天草にキリスト教を広めた大名の激動の生涯を描く。
    • 四六判 上製/466頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-793-0 C0093
    • 2010年12月発行
  • 対馬往還記
    対馬往還記
    示車 右甫 [著]
    秀吉「唐入り」の野望に端を発する文禄・慶長の役を迫った歴史巨編。小西行長・加藤清正ら諸大名、景轍玄蘇・松雲大師惟政ら外交僧、謎の倭寇・沙也可、そして日・朝の狭間で苦慮する対馬宗家。多彩な人物像と史実の背後にまで迫り、日・朝・明3国変容の契機ともなった戦役を壮大な構想のもとに描き上げた長編小説。
    • B6判 上製/466頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-87415-751-0 C0093
    • 2009年12月発行
  • 鵺退治
    鵺退治
    和田 武久 [著]
    誰が坂本龍馬を殺したのか?大洲藩いろは丸と紀州藩明光丸の衝突、いろは丸の沈没。この賠償をめぐる龍馬・土佐・薩摩藩対紀州藩の抗争と埒外におかれ、侮られた大洲藩。幕末の陰謀術策のなか、龍馬暗殺の謎を読み説く歴史小説。
    • 四六判 上製/210頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-694-0 C0093
    • 2008年9月発行
  • 風よ波よ
    風よ波よ
    田中 省三 [著]
    国民皆兵を実現した男。幕末の長崎、上海、香港で砲術・航海術を学び、箱館戦争では新政府軍の海軍参謀を務める。維新後は、大村益次郎の意志を継ぎ、徴兵令策定に参画。近代日本の軍政改革に奔走した曾我祐凖(そがすけのり)の怒濤の半生を描く。
    • 四六判 並製/232頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-671-1 C0093
    • 2008年4月発行
  • 狂人日記
    狂人日記
    吉田 舜 [著]
    古代史の謎に挑み続けた男の孤高の一生を描く。日本古代史のカオスに、溶鉱炉より熱い情熱で、戦士のように立ち向かうのだ。だるまのように七転八倒し、石ころのように沈黙して。遂に欠史天皇の和風謚号の意味を突き止めたとき美しい「大和ことば」から真実が流れ出す。古代史研究家の自伝的小説
    • 4月6日判 並製/240頁
    • 定価 1080円(本体1000円)
    • ISBN 978-4-87415-492-2 C0095
    • 2004年8月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします