キーワード:, 一覧
  • アレキサンダー・ウイリアム・ウイリアムソン伝
    アレキサンダー・ウイリアム・ウイリアムソン伝
    犬塚 孝明 [著]
    日本の近代化を支えた偉大なる英国の化学者の初の評伝。 幕末、命を賭して密航した長州ファイブと薩摩スチューデント。英国で彼らを受け入れ「世界」を知らしめた「知の巨人」の生涯を追う。
    • A5判 上製/280頁
    • 定価 3024円(本体2800円)
    • ISBN 978-4-87415-944-6 C0023
    • 2015年7月発行
  • 評伝 月形潔
    評伝 月形潔
    桟 比呂子 [著]
    勤王の志士、月形洗蔵を従兄とし、幕末明治を生きた福岡藩士、月形潔 明治の新時代、樺戸集治監(監獄)の初代典獄(監獄の長)として北海道開拓の命を受け、囚徒と共に原生林を開墾し「月形村(現月形町)」を誕生させるまでの苦難の道のりや、九州鉄道の敷設など、時代という巨大な荒波に揉まれながらも、静かに力…
    • 四六判 並製/248頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-911-8 C0095
    • 2014年9月発行
  • 僕のパリロ
    僕のパリロ
    東城 朱美 [著]
    植民地での幼い日々。そして8月15日をどう迎えたのか。僕の8月15日、そして、彼らのいうパリロ(815)。遺稿「僕のパリロ」「出朝鮮記」を収録し、学友、同僚などが著者の人となりを語る
    • 四六判 上製/292頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-844-9 C0095
    • 2012年3月発行
  • ひとすじの梅の香
    ひとすじの梅の香
    南里 義則 [著]
    九州国立博物館の誘致、宝満山の修験道の復活支援、太宰府発見塾の塾長。1300年の古都の価値を様々な方法で発信し、まちづくりに生かす活動を展開してきた森弘子。この土地に刻まれてきた歴史、物語、そして人々の思い。時を超えて伝えたい「ふるさと」を存分に語る。
    • 四六判 上製/224頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-836-4 C0095
    • 2012年3月発行
  • やさしい昭和の時間
    やさしい昭和の時間
    桟 比呂子 [著]
    戦後の不安と混乱のなか、やさしさとユーモアで希望を届けた昭和のラジオ。劇場「ムーラン・ルージュ新宿座」にはじまり、テレビ草創期、戦後のラジオドラマにエポックをもたらした放送作家。折口信夫を生涯の師とし、井伏鱒二に導かれ、太宰治の「貴重な友人」であった・伊馬春部、その仕事と軌跡。
    • 四六判 並製/250頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-698-8 C0095
    • 2008年10月発行
  • 遠い空
    遠い空
    安渓 遊地 [編]   平川 啓治 [編]
    日本を代表する民族学者・國分直一の生涯。植民地時代の台湾に始まり、戦中戦後の混乱期を経て96歳で没するまで、東シナ海を巡る総合的先史学の構築に情熱を傾け、考古学・人類学・民族学・民俗学の各分野に多大な影響を与えた國分直一。台湾時代の同人誌に掲載の半生記を中心にした自伝と、興味深いエピソードがちりばめ…
    • A5判 上製/314頁
    • 定価 3456円(本体3200円)
    • ISBN 978-4-87415-567-7 C0095
    • 2006年3月発行
  • 遠い雲
    遠い雲
    松下 志朗 [著]
    1933年、鹿児島県志布志町生まれ、鹿児島大学卒業。奄美での教師生活を経て歴史研究を志し九州大学へ。被支配・被差別の視点に立った地域史研究をめざし九州近世史の掘り起こしを押し進めてきた著者の研究史的自叙伝。
    • 四六判 上製/172頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-472-4 C0095
    • 2004年1月発行
  • 戦場へ行った絵具箱
    戦場へ行った絵具箱
    平松 達夫 [著]
    シベリア抑留。その極限の中で絵具箱に書き留められた12文字の漢字。ここから57点の「シベリア・シリーズ」は生まれた。彼を捉えて放さなかったシベリアとは。香月作品の背後に潜む核心に迫る、初めての評伝。
    • 四六判 上製/239頁
    • 定価 2484円(本体2300円)
    • ISBN 978-4-87415-420-5 C0095
    • 2003年2月発行
  • 夢追い人生
    夢追い人生
    山口 敬司 [著]
    チータいう語り部を得て「人生の応援歌」は、命を与えられた。昭和39年に「涙を抱いた渡り鳥」で歌手デビュー、38年間の芸能人生で多くの節目を迎えた。平成12年5月に長年の夢であった、老人施設「ケアハウス水清庵」を故郷・熊本に完成させた。「夢を見つづけることが生きること」という。その「夢・人生」は、多く…
    • 四六判 並製/226頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-389-5 C0095
    • 2001年4月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします