田中正造と松下竜一

人間の低みに生きる
足尾銅山鉱毒事件、豊前環境権裁判……。〈民衆の敵〉とみなされながら、虚偽の繁栄を逆照射した2人の生き方を探る。

松下さんは豊前地方に住む人なら誰でも知っている「いのちき」ということを実践した人だと思う。清貧の思想と言うより、清貧の現実を、主張を枉げず、同調圧力に屈せず、人間の低みを生きぬいた人である。現代のヴァニティーフェア(虚栄の市・虚偽の繁栄)を逆照射する灯台のようである。それは言い換えれば「暗闇の思想」であり、「いのちきの思想」であり、「ビンボーの思想」であり、老子以来の「知足の思想」であり、龍安寺の蹲(つくばい)が「吾唯足知」と銭形で言ったところでもある。(本書「松下竜一の文学と社会化」より)
著者略歴
新木 安利
アラキ・ヤストシ

1949年、福岡県椎田町(現・築上町)に生まれる。北九州大学文学部英文学科卒業。元図書館司書。1975年から『草の根通信』の発送を手伝う。
【著 書】『くじら』(私家版,1979年)『宮沢賢治の冒険』(海鳥社,1995年)『松下竜一の青春』(海鳥社,2005年)『サークル村の磁場』(海鳥社,2011年)
【編著書】 前田俊彦著『百姓は米を作らず田を作る』(海鳥社,2003年)『勁き草の根 松下竜一追悼文集』(草の根の会編・刊,2005年)『松下竜一未刊行著作集』全五巻(海鳥社,2008年~2009年)

目次

松下竜一の文学と社会化 
清き空気を、深き緑を、美しき海を 
〈民衆の敵〉と〈ランソの兵〉 

1、民衆の敵/2、足尾銅山鉱毒事件/3、水俣病事件/4、土呂久鉱毒事件/5、豊前環境権裁判1 〈ランソの兵〉/6、豊前環境権裁判2 〈民衆の敵〉/7、〈運動のことば〉・〈存在のことば〉/大山・津和野にて 
戦殺/被戦殺
村田久の闘い
福沢諭吉の権謀 
田中正造の受難 

1、自由民権 /2、渡良瀬川と足尾銅山/3、谷中村と「広き憲法」/4、それから
田中正造略年譜
松下竜一略年譜


田中正造と松下竜一

四六判 並製/438頁
定価 2700円(本体2,500円)
ISBN 978-4-86656-002-1
C0095
2007年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします