中村祐興小伝

「天風」を育んだ開花人

柳川藩士として長崎に遊学、日本最初の民間新聞「海外新聞」を購読し、維新後、政府に廃刀を請願、大蔵省で新しい紙幣の製造に尽力した中村祐興。開明的な精神で近代日本の黎明期を生きた彼の足跡を追う。

著者略歴
原田 信
ハラダ・マコト

中村祐興小伝

四六判 上製/88頁
定価 1080円(本体1,000円)
ISBN 978-4-87415-527-1
C0095
2005年6月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします