キーワード:, 一覧
  • 鉄の文化史
    鉄の文化史
    田中 天 [著]
    多々良に秘められた日本の鉄の起源。製鉄の歴史を辿って、福岡の多々良川流域から、出雲、イギリスへ。鉄をめぐる古代戦争、たたら製鉄や日本刀の製法、河童や八俣の大蛇伝説まで、最も身近な金属。鉄の世界。
    • 四六判 並製/254頁
    • 定価 1870円(本体1700円)
    • ISBN 978-4-87415-640-7 C0021
    • 2007年7月発行
  • 大王家の柩
    大王家の柩
    板橋 旺爾 [著]
    動乱期に現れる赤い柩は何を語るか?大和王朝の謎を解明する。九万年前の阿蘇大火 流が生み出した阿蘇ピンク岩層。この岩層から切り出された石棺が、海を渡り、畿内周辺の特定の王墓のみに入る。この赤い柩の意味は。
    • 四六判 並製/254頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-634-6 C0021
    • 2007年5月発行
  • 記紀と推計
    記紀と推計
    吉田 舜 [著]
    用明~孝徳紀の年間無記録月の統計によれば、皇極元・2年はその数が急に減少し、0と1になっている。この確率を求めると、ほとんど0に近く、この事象が起こり得ないことが分かる。従って、皇極紀の蘇我氏の専横記事は作為されていると考えられ、更に大化改新は草壁皇子即位時の大化年号を転用していることから、弟日大王…
    • A5判 並製/198頁
    • 定価 1760円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-603-2 C0021
    • 2007年1月発行
  • 景行天皇と巡る西海道歴史紀行
    景行天皇と巡る西海道歴史紀行
    榊原 英夫 [著]
    もう一つの古代国家「筑紫王権」の真実に迫る景行天皇は、なぜ筑前地域に足を踏み入れなかったのか。大和王朝の創始者・崇神天皇の出自、神功皇后の外交方針が導いた結末、筑紫君磐井が蜂起した本当の理由。景行西征を辿る中で見えてきた謎を起点に、古代日本の黎明期を総覧する。
    • A5判 上製/400頁
    • 定価 2750円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-87415-604-9 C0021
    • 2006年12月発行
  • 九州を制覇した大王
    九州を制覇した大王
    河村 哲夫 [著]
    伝説から真実へ。景行西征の全貌。高句麗・新羅の南下に備え、九州の支配体制を強化する。景行天皇の九州巡幸は、瞭然たる目的をもつ軍事行動だった。『日本書紀』を始めとする文献や考古学的資料、各地の伝承を緻密かつ合理的に考察、その足跡を照らし出す。
    • A5判 上製/286頁
    • 定価 2530円(本体2300円)
    • ISBN 978-4-87415-572-1 C0021
    • 2006年5月発行
  • 天日槍と渡来人の足跡
    天日槍と渡来人の足跡
    チョ・チヒュン [著]
    海を渡ってきた人々。天日槍(アメノヒボコ)伝承の渡来コースにしたがい九州から瀬戸内海、さらに北ツ海沿岸地域から、畿内とその周辺へと追跡、探訪する。その解説とリアルでたしかな映像が天日槍伝承や渡来の人々とその文化のありようを、あざやかによみがえらせる。
    • B5判 並製/128頁
    • 定価 3080円(本体2800円)
    • ISBN 978-4-87415-553-0 C0021
    • 2005年12月発行
  • 伽耶から倭国へ
    伽耶から倭国へ
    松尾 紘一郎 [著]
    海を隔てて韓国(からくに)に向かう、もう一つの伽耶・伊都国の原風景。『魏志倭人伝』に邪馬台国より以北の六国の一つとして記録され、古代日本文化の基層をなした伽耶を故地とする、伊都国。その中心部に位置する可也山(かやさん)から倭の六国を俯瞰する。空・海・山々・島嶼が織りなす「水辺の王国」の実像を捉えた写…
    • A4変判 並製/96頁
    • 定価 2200円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-87415-520-2 C0072
    • 2005年4月発行
  • 「天・日」の称号と「豊」の美称
    「天・日」の称号と「豊」の美称
    吉田 舜 [著]
    「兄天・弟日」大王の兄弟執政であった倭国を復元する!「記紀」により大和王朝史に書き換えられた倭国を、和風諡号から解き明かす。初期天皇の年齢・在位推移について推計学的に解析、被葬者不明の巨大古墳の謎を検証し、倭国を証明する。
    • 四六判 並製/240頁
    • 定価 1650円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-495-3 C0021
    • 2004年9月発行
  • 九州西瀬戸古代史論攷
    九州西瀬戸古代史論攷
    森 猛 [著]
    大分の地名と古代史。古代においては畿内地方の動向と一体になり、その文化を敏感に摂取していた九州西瀬戸地域。地名の語源を探求し、史料をもとに部民制や県・屯倉、荘園制を考察、古代史の大きな流れをとらえる視点を模索した論文集。
    • A5判 上製/338頁
    • 定価 4180円(本体3800円)
    • ISBN 978-4-87415-386-4 C0021
    • 2002年5月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。