頭山満と玄洋社

大アジア燃ゆるまなざし
申し訳ございません、品切れです。

半世紀の封印を解き、いま甦る熱き群像。明治12年、福岡の地で誕生、欧米帝国主義列強を批判し、アジア各地の独立を支援、そして戦後、歴史から抹殺された玄洋社。多彩な人材を生み、近代日本で異彩を放つ活動を残した玄洋社とは何か。頭山満の生涯を辿り、豊富な資料と図版をもとに、その封印された実像に迫る。

著者略歴
読売新聞西部本社
ヨミウリシンブンセイブホンシャ

頭山満と玄洋社

B5判 並製/116頁
定価 2057円(本体1,905円)
ISBN 978-4-87415-365-9
C0021
2002年9月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします