憂国の士 中野正剛

千万人と雖も吾往かん。日清・日露から、第一次世界大戦、太平洋戦争へと続く半世紀、軍国主義を糾弾し、時代の刷新を願いながらも果たせず、壮絶な死を遂げた中野正剛。激動の時代と格闘した彼の生涯を、残された資料をもとに辿る

著者略歴
濱地 政右衛門
ハマチ・マサエモン
1928年福岡県生まれ。甲飛予科練・特攻隊、福岡第一師範、玉川大卒。福岡市内公立中・福教大付属福岡中教諭、福岡県教育センター研究主事、同県教委指導主事、福岡市立原北中校長、同市教委主席指導主事・指導課長・教育センター所長。退職後福岡市歴史資料館長、第一薬科大学講師、福岡大学・香蘭女子短大非常勤講師。福岡市在住。
目次

文武両道の志(明治十九-四十二年)
花開く万丈の気(明治四十二-大正八年)
政治家を目指す(大正九-昭和八年)
日中戦争(昭和八-十四年)
太平洋戦争へ(昭和十四-十七年)
東條内閣打倒に立つ(昭和十七-十八年)
従容たる最後(昭和十八-十九年)
中野正剛関連年表


憂国の士 中野正剛

四六判 上製/296頁
定価 2484円(本体2,300円)
ISBN 978-4-87415-756-5
C0021
2010年2月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします