ジャンル:詩・短歌・俳句一覧
  • 大隈言道の桜
    大隈言道の桜
    桑原 廉靖 [著]
    「博多の者は博多を歌え」と言い、「おのづからなるもの」としての歌を多数遺しながらも世に埋没した、博多生まれの大歌人をめぐる随筆集。『大隈言道と博多』の続編。
    • 四六判 上製/265頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-87415-019-1 C0095
    • 1992年5月発行
  • とうちゃんのひざし
    とうちゃんのひざし
    かとう よういち [文]   木村 かよこ [絵]
    被差別部落に生まれた「かや」が、さまざまな出会いのなかで成長する姿を描く。2巻「とうちゃんのひざし」、3巻「おおさこの灯」、4巻「四月の坂道」。
    • B5判 上製/32頁
    • 定価 1153円(本体1068円)
    • ISBN 978-4-87415-016-0 C0795
    • 1992年4月発行
  • よしえちゃんがわらった
    よしえちゃんがわらった
    瀬里 敏子 [文]   亀谷 佳美 [絵]
    よしえちゃんは、見ることも、聞くことも、食べることも、立つこともうまくできません。でも、おばあちゃんや先生、友だちのはげましでがんばって生きてきました。ある日、よしえちゃんがわらったのです。
    • B5判 上製/35頁
    • 定価 1677円(本体1553円)
    • ISBN 978-4-87415-017-7 C0795
    • 1992年3月発行
  • 暮らしの鳥ごよみ
    暮らしの鳥ごよみ
    城野 茂門 [著]
    暮らしの中で出合う鳥たちの生態やエピソード、人間との様々なふれあい、自らの鳥遍歴など、「木化け石化け」30年のウオッチャーならではの、温かくてちょっぴり辛めの鳥談義。「野鳥の異名・聞きなし抄録」を付した
    • 四六判 並製/245頁
    • 定価 1782円(本体1650円)
    • ISBN 978-4-87415-013-9 C0095
    • 1992年3月発行
  • 若き日の末松謙澄
    若き日の末松謙澄
    玉江 彦太郎 [著]
    明治期第一級の政治家であり、『源氏物語』初の英訳出版、『防長回天史』執筆で知られる末松謙澄の若き日を、留学生時代の家族宛の新発見書簡(16通)を中心に跡づける。
    • 四六判 上製/230頁
    • 定価 2935円(本体2718円)
    • ISBN 978-4-87415-007-8 C0021
    • 1992年1月発行
  • やせ我慢の男たちへ
    やせ我慢の男たちへ
    森山 真二 [著]
    泣いたり、笑ったり、腹を立てたり。思うようにはいかないのが人生。一所懸命やっているのに、滑稽で、哀しい、男という存在。男たちを描いた痛快エッセイ。
    • 四六判 並製/226頁
    • 定価 1363円(本体1262円)
    • ISBN 978-4-87415-004-7 C0095
    • 1991年9月発行
  • 石塚山古墳の謎
    石塚山古墳の謎
    小田 富士雄 [編]   長嶺 正秀 [編]
    中国~朝鮮半島~北部九州~瀬戸内~近畿のルート上に位置し、7面の三角縁神獣鏡を出土した九州最大・最古の初期前方後円墳、石塚山古墳をめぐる討論。参加者=小田富士雄、長嶺正秀、真野和夫、柳沢真一、都出比呂志。
    • 四六判 並製/201頁
    • 定価 1572円(本体1456円)
    • ISBN 978-4-906234-99-8 C0021
    • 1991年11月発行
  • おおさこのかや
    おおさこのかや
    かとう よういち [文]   木村 かよこ [絵]
    被差別部落に生まれた「かや」が、さまざまな出会いのなかで成長する姿を描く。2巻「とうちゃんのひざし」、3巻「おおさこの灯」、4巻「四月の坂道」
    • B5判 上製/32頁
    • 定価 1153円(本体1068円)
    • ISBN 978-4-87415-009-2 C8795
    • 1991年10月発行
  • 雪の小鈴
    雪の小鈴
    入江 真知子 [編]
    「時は長しほろぶるものの安けさを夕日にすきて光るすかんぼ」。土屋文明といえば誰しもまずその植物詠を思うであろう。角川文庫版歌集から植物名の明らかに出ている歌を拾いあげて分類した、文明短歌への恰好の手引き。
    • 四六判 並製/226頁
    • 定価 3240円(本体3000円)
    • ISBN 978-4-906234-97-4 C0092
    • 1991年8月発行
  • 九州の儒者たち
    九州の儒者たち
    西村 天囚 [著]   菰口 治 [校注]
    維新期の変革思想の根源である楠本端山・碩水、亀井南冥・昭陽、さらに樺島石梁、広瀬淡窓、貝原益軒らの事蹟を各地に探り、九州儒学の系譜をたどる。町田三郎「西村天囚のこと」を付す。
    • 四六判 並製/200頁
    • 定価 1782円(本体1650円)
    • ISBN 978-4-906234-98-1 C0021
    • 1991年6月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。